ホームへ戻る
HPへ
You Tube
My Pictures

PCハード

2017/09123456789101112131415161718192021222324252627282930312017/11

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
写真(2011-09-23 13.22) #22
使う機能もメール(PC/携帯)、電話、GPS、WEB、カメラぐらいに限定されてきたので、
iPhoneを毎月9000円近く払ってるのがばかばかしくなり、IDEOSで月々3000円運用をもくろんでおります。

B-mobileの料金プランを選ぶときに注目するのは、talking(携帯電話回線)と データ通信。
さしあたっては、電話回線はIP電話で運用してみようと思っております。

スクリーンショット(2011-09-23 19.41.19)
スクリーンショット(2011-09-23 19.41.09)
今はIDEOS用のB-mobile U SIM 300を使用中。とりあえず半年。amazonで7ヶ月13500円。

<B-mobile U SIM 300 で運用>
・月額基本料       490円/月
・定額データ通信量    1928円/月(まとめて半年13500円)
・独自ドメイン(メール用)82.5円/月(990円/年)

合計        2500.5円/月

<諸費用>
・IDEOS本体(新古品) 18500円
・申し込み手数料     3500円

合計          22000円/月


スクリーンショット(2011-09-23 19.35.22)
iPhoneでこれまで使用してきたパケット量を計算してみました。
毎月 155Mbほど。

スクリーンショット(2011-09-23 19.38.27)
IP電話ではうまく運用できなかったときは、普通の携帯電話回線も持つことができます。
そこで、talking Fairで運用したときの試算をしてみます。

<B-mobile Talking Fair で運用>
・月額基本料    1290円/月
・定額データ通信料 2087円/月(まとめて4ヶ月:8350円)
・独自ドメイン(メール用)82.5円/月(990円/年)

合計        3459.5円/月

Talking Fairの定額通信は4ヶ月で1Gまでですが、月155MBしか使っていないので十分範囲内です。
通信速度も下り最大14Mbps / 上り最大5.7Mbpsと格段に上がります。
IP電話を生かしておいてもプラス490円。
3459.5円 + 490円 =3949.5円/月

4000円でSIMフリー、IP電話、携帯回線のスマートフォンが運用できそうです。

スポンサーサイト
 
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
orig_20110105215242.jpg
<良いとこ>
・SIM フリー
 (海外のSIMもOK。GMS,3G等々、ほぼ全世界で使えます。)
・小さく軽い
 (携帯はやっぱり小さくなくちゃ。手にぴったりフィットする大きさ。ウェブ閲覧には向かないかも。)
・IPフォン
 (国内1分10円普通の携帯は、1分21円。半額。海外に掛けても安い。例えば中国へは2分10円。海外から掛けても料金変わらず。また、Wi-Fiネットワークでも電話できます。)
・ランニングコストが安い
 (3000円でスマートフォンが持てます。機能は限定的、使う機能が決まっている人にはお勧めかも。)
・B-mobileでFORMAネットワークが使える
 (FORMAプラスのネットワークも使えます。)
・動作がそこそこ
 (iPhone3Gを2年以上使った私としては、IDEOSの方が断然動きが機敏)
・本体価格が安い
 (新品で24000円。私は新古品を18000円で購入。リンゴさんは5~8万くらいするからなぁ。)
・テザリングができる
 (私は使いませんが、これ目的に買う方も多いとか。)

<悪いとこ>
・電池の保ちが悪い
 (電池が持ちません。これを機にあまり使わないようにしましょう。もしくは、予備バッテリ、充電器が必要)
・メールがパソコンメールのみ対応
 (googleがプッシュ通知に対応したので、独自ドメインでGoogleでgoogleappsを使って携帯メール代わりにしています。ドメイン代年間1600円)
 
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
P1050211.jpg
私のMacBookProの構成は
■システム構成
•2.0GHz Quad-core Intel Core i7
•8GB 1333MHz DDR3 SDRAM - 2x4GB
•128GBソリッドステートドライブ
•8倍速SuperDrive (DVD±R DL/DVD±RW/CD-RW)
•MacBook Pro 15-inch Glossy Widescreen Display
•iWork(プリインストール)
•バックライトキーボード (JIS) + 製品マニュアル
•Accessory Kit

となっており、OSがSSDに入っていて非常に起動が早い。
ですが、予算の関係上128Gb。そこで、ほとんど使わないDVDドライブにHDDを搭載することにしました。
(注意)このような改造をすると保証の対象外になるようですので、自己責任でお願いいたします。


P1050212.jpg
準備するものはHDDとHDDを据え置くマウント。
HDDは640GBTOSHIBA MK6459GSX厚さが9.5mm 2.5インチの物を選びました。

HDDを据え置くマウントは『SlimBay9.5SA-HDD.SA』秋葉原のテクノハウス東映で価格は2,280円。
MacBook向けにOptiBayと呼ばれる製品がありますがかなり高いので却下。

P1050215.jpg
裏蓋を外します。この3つだけねじが長い。ここは100均のドライバでOK。

P1050216.jpg
ここが今回改造するところです。
ねじを外し、マウントをちょっと削り、DVDドライブとHDDマウントを入れ替え、蓋を閉めて完成です。

P1050217.jpg
ねじを外すのはこの5つ。配線等がねじの周りにあるので慎重に、力を入れすぎないように作業します。

P1050218.jpg
ねじを外している途中で気づきました。。『トルクスドライバーT6』という特殊なドライバーが必要です。700円くらい。

P1050221.jpg
2011年春のMacBookProではここの配線がちょっと変わって、ふちに固定するようになっているため、マウントの出っ張りを削らないといけません。

P1050220.jpg
ニッパとカッターで簡単に形成できます。
あとは、DVDドライブとHDDを入れ替え、コードをつなぎ直し、ねじを止め、蓋を閉めて完成。
(ちなみに、私の場合、裏蓋をねじ止めする前に、蓋を閉めて起動テストしました。)

how-to-initialize-or-format-mac-hard-disk-1-tm.jpg
起動すると、こんなエラーが。。焦りましたが、単にHDDを初期化(フォーマット)する必要があるだけです。
HDDの初期化はGoogleってください。

P1050222.jpg
そして、ついに FinderにあたらしいHDDが現れました。
使用用途
・SSD 125Gb: OS と DropBoxにて文書データ等の保存(通常はここを主に使用)
・HDD 640Gb: 音楽、ビデオ、写真のデータを保存
これで外付けHDDはバックアップのみの用途となり、PCのシンプル化、コードレス化に貢献したことでしょう。

P3061148.jpg
SDD+HDDでパワーアップしたMacBookProなんだか今までよりも輝いて見えます。

参考
・http://d.hatena.ne.jp/pcmaster/20110409/p2
・http://inforati.jp/apple/mac-tips-techniques/application-hints/how-to-initialize-or-format-mac-hard-disk.html
・http://kray.jp/blog/ssd_macbookpro/

 
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
Pogoplug2-Front-540x392.jpg
pgplg_a01_s.jpg
「Pogoplug」です。
 トマトさんもこれまで、リンクステーションやGoogleドキュメント、DropBoxとクラウドデータ保存サービスを利用してまいりました。
 しかし、いまいち使いにくかったりするんです。DropBoxあたりになると、有料ですがほぼストレスなくデータをクラウドで扱えるので便利ですね。
 リンクステーションの場合は、iPhoneからの接続がなにかとうまくいかなかったりするんです。

 そこで、今回の「Pogoplug」を使います。手持ちのHDDを接続し、あとはiPhoneからアクセスするだけ。簡単にNASを構築できちゃいます。

 まだ、日本では正式に販売されていないようですが、これから販売されるでしょう。

詳しくは
http://www.pogoplug.com/home-en.html

http://internet.watch.impress.co.jp/docs/column/shimizu/20101012_399489.html


 
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

80ドルPCですって。安っ!
SDカードもSDHCに対応してるとか言ってるし。USBポート3つ。 ヘッドセットを接続するとこも付いております。

Skypeが標準で入っていて、文書もできちゃう。

これで十分なんじゃないでしょうか? これからはネット上にデータを置いとく時代になるので、HDDはそこまで気にする必要もないし。

なにより、80ドルがすごいですね。 割り切ってるので、このチープ感がなんだかおしゃれに見えちゃいます。
丁寧に扱い、ときたま、PCに扱われてる感を与えられる高いPCたちとはちょっとちがった風貌です。
外でタフに使ってやりたくなります。



ちなみに、トマトさんの外からアクセス用のPCは中古で6000円ほどです。ほほほ。アンドロイドPCよりスペックいいのになぁ。
 
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
IMG_3038.jpg
ふぅ。いつ見てもかっこいいですねぇ♪
トマトさんの Olympus PEN E P-1 です。
愛着のわくスタイルしてます。

 最近、ビデオカメラ(Canon HF 20)を使ってビデオを撮影するだけでなく、PENでも動画を撮影する機会が増えております。
 一方で、一眼はビデオを撮るように作られているわけではないので、PENの場合最高10分もしくは2Gの動画しか取れません。 それ以上撮ろうとすると、機械を守るためにカメラが勝手に撮影を中止します。 
 運動会とか長時間の撮影ではなく、ショートフィルムで1分くらいのコマ切れを撮るには最適なわけです。

 
 それで、撮影するに当たりまして、SDカードの書き込み速度の問題があります。
 コンデジでSD動画をとるなら、その辺の安い8G 2000円~3000円くらいのSDカードで大丈夫ですが、
 HD動画を一眼で撮ろうとなると、情報量が多すぎて、1分くらいで強制終了されてしまいました。(クラス2のSDカード)
 
 SDカードにはクラスと言うものがありまして、
 パナソニックの銀のSDカードはクラス4 金のSDカードはクラス10

 パナソニックの金のSDカードは8Gで7000円ほどしました。高いぃ。 大体、30分~1時間撮れたはず・・・。
 

P4271577.jpg
 今回トマトさんは、SandiskのSD8G クラス10 を購入いたしました。(5000円くらい)
 そう、PENのキャンペーンで4GのSDが付いてくるあのメーカですね。 
 
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
scanning2.jpg

http://www.popxpop.com/archives/2006/12/david.html

 テレビやYouTubeを見ていて思ったのですが、コンピュータ上で3D画像を扱えたら、機械の説明や面白い動画をつくるときに便利だろうなと思っておりました。

 前回ご紹介した、というか、メモ代わりにBlogに載せたカメラの動画でも、3D画像が使われており大変わかりやすかったです。

 何やら3Dスキャナを買うと10万円くらいするらしく、、それは用意できません。。
 そこで、なんと1万円で自作できちゃうような記事を見つけたのでリンクしときます。

 時間ができたら、製作してみようかな。
 
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...


 ネットワークHDD、ポケットルータ、サーバ、PC、ネットワークカメラetc挙げたらきりがありませんが、ネットワーク家電が増えてまいりました。
 家電がネットワークにつながり場所を選ばず作業ができ大変便利になっております。

 しかし、ネットワークを利用するには ケーブルをさすポートが必要。
 トマトさんは、ルーターで4,5個のポートを利用しておりましたが、ネットワークHDDやWOLリピータ、ポケットルータなどの追加により ポートが足りなくなりましたので、ネットワークハブなるものをGetいたしました。

 これにはポートが5個あるので、4ポートの増加になります。
 これで、今後のネットワーク家電のさらなる増加もできそうですね。


  そうそうこれ、Amazonで注文してあくる日には届いちゃいました。別に“お急ぎ便”を選んだわけではないのですが。
 こんなに早く手元に商品が届くとまた利用したくなりますね。
 ネット販売はこのスピードが顧客をがっちりつかむポイントだなと感じたとこでございました。
 
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
無線ルータ
 iPhone を使ったり、ノートPCを使ったりしてると、無線ランがほしくなる。部屋の中に無線ランがあれば、場所を選ばずネットできるわけだ。だが、無線ランルータを買うとなると、高い!1万~15000円はする。
 そこで、トマトさんは見つけました。ポケットルータ。以前秋葉でなんか安い無線ランがあると思っていたものでした。ルータや回線につなげて無線にするものです。
 使い方としては3通り!①ルータ ②無線ランルータ ③LANのつなげる機器を無線でつなぐ。詳しくはWebで!(笑)

   それに、定価は7000円超してますが、Amazonで4000円程度でした。あると便利そうだなぁ。
 また、この製品のいいとこは、WAN側 LAN側の2回線あるから、ルータの空き回線がもうないトマトさんにはもってこいかな。

 そうそう。この“無Lポル-タ”のいいとこは、旅行先のホテルの回線を無線に変えたりできるのです。すると、わざわざ旅先にノートPCを持っていかなくてもiPhoneをWi-Fiで接続させればメールや軽いブラウジング程度は快適にできるわけです。
 さらに、考えると、海外のホテルの回線につなぎ無線化。iPhoneをWi-Fi接続。すると、スカイプで海外から日本にただ電話。メールも無料、海外旅行でのバカ高い割高通信料を請求されることを避けられます。
 ふむふむ、べんりそうだ。
 
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
トマトさんは現在3台のデスクトップと1台のノートPCを動かしているわけですが、それぞれのPCで作ったデータはそれぞれのPC内にしか保存できません。PC-Aで作ったデータをPC-Bに移動しようと思ったら、USBメモリなんかを使わなければなりません。
 しかし、トマトさんはルータ内にリンクステーションを入れており、各PCで作ったデータはリンクステーションに保存。すると、リンクステーションはデータセンタみたいな役割をし、各PCから読み込めばAで作ったデータをBから読み込むといったことができるようになるのです。言葉では分かりにくいので、下の図をご参考あれ。
linkstation_20091212215307.jpg

 ながらく、リンクステーションをトマトさんは使っているのですが、PCをスタンバイ状態から復活させたときにリンクステーションにアクセスできなくなるという不具合に見舞われておりました。それを解決できましたのでご報告いたします。ココに載ってました↓↓(取扱説明書はしっかり読まなきゃいけませんね。。。)
http://buffalo.jp/download/manual/html/lsgl/

とりあえず、トマトさんでも説明しときます。

link1.jpg
まずリンクステーションのアイコンをクリックします。

link2_20091212221316.jpg
リンクステーションのを選択して、クリックします。

link4_20091212221736.jpg
ひらいたフォルダから、右クリし、“ネットワーク ドライブの割り当て”を選択します。

link5.gif
①ドライブ名を選択します。
②[ログオン時に再接続する]のチェックボックスをクリックし、チェックマークを入れます。
③[完了]をクリックします。



 これで、スタンバイ状態から復活してもリンクステーションにマイコンピュータからアクセスすることができます。つまり、ふつうの外付けHDDのように使えるのです。いいぃ~ね♪





ついでに、インストールCDを無くした時はココからダウンロードできます。(LS-H1.0TGL)
http://buffalo.jp/download/driver/hd/ls-hgl.html
●NAS Navigator2(Windows)
 
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
 / Template by パソコン 初心者ガイド Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。