ホームへ戻る
HPへ
You Tube
My Pictures

2009/031234567891011121314151617181920212223242526272829302009/05

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
http://20541590.at.webry.info/200702/article_1.html

「さっき」って英語でなに?

a little while ago / just before

ちょっと少し前を指す「さっき」。大辞林によると、由来は「先(さき)」に促音(小さい「っ」)が付いたものだそうです。

かなり前でもなく現在でもない「さっき」、英語で表そうとすると言葉につまりがちですが、以下のような単語を文章の最後につければ通じます。

・a little while ago
・just before

上記の2つは、文脈や使う人の感覚にもよるところが大きいので、何分から何分までが「a little while ago」を使う、といったことは厳密には言えませんが、以下が他の単語との違いのおおよその目安ですので、参考にしてください。


過去 → 現在の順に
way before > before > a little while ago > just before > right now


単語をつけ足す以外にも、過去形の文章で、動詞の前にjustを入れることでも、「さっき」という意味を伝えることができます。

I just sent it to you.
(ついさっき、送ったよ)

He just got here.
(彼はさっきここに着いた)


A: John, can you take care of that job that I just emailed you about? I need it today.
(ジョン、さっきメールした件、今日中にできそう?)

B: Huh? When did you email me?
(え? いつメールくれたの?)

A: I just sent it to you...maybe five minutes ago.
(ついさっきなんだけど……たぶん5分くらい前)

B: Ah, I found it. Let me read it first...Oh, yes, I can send the meeting report to Andy today.
(あ、あった。ちょっと読ませて……ああ、大丈夫、今日中にアンディーに会議のレポートを送っとくよ)

A: Thank you so much!
(ありがとう、よろしくね!)

C: I'm sorry about earlier.
(さっきはごめんね?)

D: About what?
(何だっけ?)

C: I was too busy to listen to your story.
(さっきは忙しくて、話をちゃんと聞けなかったでしょ)

D: Don't worry about it. I know what you're going through.
(大丈夫よ。事情はわかってるから)
スポンサーサイト
 
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1312114668

期間を表す「上旬」「中旬」「下旬」は、英語では何と言い表すのでしょうか?


上旬 the first ten days (of a month)
中旬 the middle ten days of a month
下旬 the last ten days (of a month)
 
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
http://qa.mapion.co.jp/qa2724809.html




「先に行っています」は英語で何と言えばいいですか

「先に行っています」は英語で何と言えばいいですか
新米英語教師です。ALTと一緒に授業をしていると「先に(次の教室へ)行っています。」と言いたい時がよくありますが、何と言ったらよいかわかりません。よろしくお願いします。




アメリカに38年住んでいる者です。 私なりに書かせてくださいね。

この表現は日本語の表現でありこれをそのまま英語に直訳するとおかしな英語となってしますので、この表現のフィーリングを英訳することになります。

先に行っている、と言う事は、行く、ではなく、そこにいる、と言うフィーリングのほうを伝えたいですね。 ですから、I will be thereと言い、そこにいて何をしているか、と言うと、待っている、と言うフィーリングになりますね。

つまり、先に行って(あなたを待って)いる、と言うフィーリングを出した日本語なわけですね。

ですから、Ok, I will be there waiting for you.と言いながらいったんその人と別れるわけです。

じゃ、待っているいるから、と言うフィーリングでこの日本語を言うのであれば、I will be waiting for you there.と言う表現にちょっと変わります。

thereを待っている・行っている場所に変えることも出来ますね。

その人が誰かにつかまってしまい自分ひとりで脇に立って待って痛くない時によく使いますね。 そういうときなどちょっとうそを言って、ちょっとやることがあるから先に行くよ、と言うような表現を良い足すことも出来ますね。 Hey, Jack, I've gotta do something. So I will see you there (in a few minutes), OK?と言う言い方にすることも出来ます。ちょっと用足しするから向こうで数分後に会おう、いいよな。と言うフィーリングの表現ですね。

また、合コンや食事会などの幹事で「先に行っているよ」と言う時もありますね。 そういう時は、用足しがあるから、と言うフィーリングではなく、I've gatta be there earlier, so I will see you there at 7, OK? と言う表現になり、I will be there earlierと言う表現が元になっているわけです。

これでいかがでしょうか。 分かりにくい点がありましたら、補足質問してください。







補足

丁寧な回答をありがとうございました。場面に応じて、Ok, I will be there waiting for you.となったり、I will be waiting for you there.となったりするというご説明はなるほどと納得できました。
質問が1つあります。I've gotta ~.という表現はアメリカのどこか特定の地方で使われる表現でしょうか。(=方言のようなものでしょうか。)
よろしくお願いいたします。




Gです。 補足質問を読ませてもらいました。

>I've gotta ~.という表現はアメリカのどこか特定の地方で使われる表現でしょうか。(=方言のようなものでしょうか。)

いいえ、この表現は砕けた言い方なのです。 I have toのI have got toと言う表現から発音がちょっと変わったときの発音どおりの表現として、I've gottaが使われるのです。 

ですので、この砕けた表現を避けたい状況であれば、I have to do somethingと言う表現現に変えればいいわけです。

これはtoの発音が弱くなりtaと言う発音になってしまう現象なわけですね。 want toがwannaと言う発音表現になるのと同じなのです。

よって、方言でも地域的表現方法と言う事ではなく、ただ砕けた表現方法ということです。












 
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q129104667




I have to go. I've got to go. I must go. どのように使い分けるのか教えてくださ...

culinarybookさん

I have to go.
I've got to go.
I must go.
どのように使い分けるのか教えてください。





must は、話者自身が「そうしなければならない」と思っているときに使うと覚えました。

I must work hard. (自分で、一生懸命働かなくちゃ、と思っている)
I have to work hard to finish it. (これをするには、相当なエネルギーが必要だと客観的に思っている)

I must be there next Monday. (月曜日にはそこにいなくてはいけないという使命感がある)
I have to be there next Monday. (月曜日にはそこにいることになっている)

You must go to a hospital. (病院に行くべきだと話者が思っている)
You have to go to the hospital twice a week. (週2回、病院に行く決まりになっている)




must>have to(アメリカ)=have got to(イギリス)
です。
下に分かり易く説明されていますので、ご覧下さい。
http://www.englishcafe.jp/english/day12.html
http://www.alc.co.jp/eng/vocab/verbs/04.html




 
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
http://oshiete1.goo.ne.jp/qa2609798.html




英語で、“ fucking ・・・ ” というのは、日本語では、“ 超 ~ ” と同じ意味と思って良いのですか。

“ Oh, fucking hot! ”と言うのは、「 超暑い!」というのと同じ意味と思って間違いないでしょうか。




「超暑い」というよりは「くそ暑い」の方が近いと思います。
アメリカのテレビでは、fucking... のところには、ピー という音が
入りますので、下品な言葉という認識が一般的だと思います。





アメリカに38年住んでいる者です。 私なりに書かせてくださいね。

これは、これを気兼ねなく言う人とそうとらない人とにぎゃぷがおお過ぎる表現だと覚えておいてください。

確かに、気兼ねなくいうひとにとっては「趙暑い」と言うフィーリングで言っているのです。 ですから顔の表情を見ても、別に口汚いという感じを受けない時が多いわけです。

しかし、この表現を「口汚い表現」だと思っている人、一般人と言って良いと思いますが、は言った人よりもっともっと汚い表現ととるでしょう。

>“ Oh, fucking hot! ”と言うのは、「 超暑い!」というのと同じ意味と思って間違いないでしょうか。

というご質問への回答としては、「趙暑い!というのと同じ意味でこの人は使っているんだと思って間違いないわけです。 しかし、そう理解しておいて後は自分は使わないぞ、と思えば良いということになるのです。

こういう表現は、使ってはいけない、ということではなく、外国人が(ま、アメリカ人もですが)使いこなせるだけの一般英語力を持ち、TPOにぴったりの状況で使えるようになることはそれすなわち表現力を広げたということであり、もし(もしもですよ)英語で小説を書く機会がある時にこの表現を「小説の中で使いこなせる」英語力を持っている、と言う事でもあるわけです。 この表現の裏表を十分知らない限り、言い換えるとこの表現を「気軽に使っている人」であっても、自分の小説にこの表現は使えるだけの英語力を持っているとは限らない、と言う事なのです。

これでいかがでしょうか。 分かりにくい点がありましたら、補足質問してください。 




確かに意味的には「超」と同じです。ただ、もっと下品です。「超」は普通の女の子でも全然使いますからね。女性はfuckingは使わない方が良いでしょう。

ちなみにイギリス英語圏では「bloody」という言葉があり、fuckingほど下品じゃないけどveryよりも強調できるので便利です。「It's bloody hot, isn't it?」なんて言ったらとってもイギリス風です。


 
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
 / Template by パソコン 初心者ガイド Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。