FC2ブログ
ホームへ戻る
HPへ
You Tube
My Pictures

放浪のトマトさん2009年09月30日



 かわいいなぁ~。微妙に、デコスイッチ?
スポンサーサイト



 
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...



IMG_6807_20090930195457.jpg
 今日は高いビルの窓側に行く機会があったので、窓から下の様子を撮影しました。撮影はiPhone 3 G 、地上3階からの撮影です。ちょっと、1階の天井が高かったので、地上4階くらいだと思います。

 どうですか?ミニチュアに見えるでしょ^^ただ、上下をぼかしただけです。簡単簡単♪ガラス越しのため、写真自体はあまりいい写りではありません。小雨降りの曇った日だったのですが、意外とiPhone のカメラは、いろんなシチュエーションで使えますね。
 
 なんか、ミニチュア写真はまりそうですね。日常の空間を自分のものにできた感がかなりあります。あたかも、自分でジオラマ模型を作ったかのような感動♪しかも、簡単にできる!ここがPointですね^^
 一眼買ったら、もっと楽しくなりそうです。一眼買ったら、広角レンズで、偏光レンズつけてガラス越しからでもいい写真撮れそうですね。

 
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
 さて、湧き出るPEN欲しさに正当性を与える、理由を探している今日この頃であるが、今日は量販店で一眼レフカメラの販売のバイトをやっている友人にPENは買い時か?また、店頭でどのくらい値切れるのかなんかを聞いてみた。
 率直な答えとして、価格COMにはかなわないね、と言われてしまった。ふむ、そうか、それなら別にネットで買ってもいいかなと考えたり、一方で、安心感を求めて量販店で買いたかったり、んま、どちらもあまり価格は変わらないので、ひとまずおいておく。
 そして、私が気になったのは、彼がPENについて否定的だった点だ。あれは買わないほうがいいよ。と言うことだった。その理由を詳しく聞いていくうちに、どの点を批判しているのかがわかってきた。
 まず、マイクロフォーサーズ規格は光を受ける面積が通常の一眼レフに比べると、3/4程度になっている。そこが気になっているようである。いろいろレビューを見ても、一眼に詳しく、レフを使い慣れている人ほど、一眼レフの性能を知っているので、許容しがたい点であるようである。
 しかし、彼もPENのコンセプトはかなり気に入っていた。デザイン性、コンパクト性等、他の一眼とは違った魅力がある。長く付き合い、自分なりの楽しみ方を発見できるような機械だ。今までの一眼レフでは、性能のよさを追求する流れにあったが、PENのコンセプトは写真を撮る楽しみにあるようだ。だから、ストラップからこだわって、レンズも旧型のレンズをマウントアダプタをつけて使用して、スタイリッシュに、また、写真を撮りに行く過程から楽しめそうだ。
 このようにPENは今までの一眼と違った狙いがあり、とても魅力的だが、私の友達がもっとも気にしていたのが、価格であった。やっぱり、といった印象だが、やはり、ツインレンズキットで12万円は少々お高い。また、PEN第2段が出ない限りは急激な値崩れはなさそうだ。そこで、私なりにいろいろ仮定して値段について考えてみた。

 まず、現在の価格帯↓↓
■ボディのみ \80,744 ■パンケーキレンズ
(M.ZUIKO DIGITAL 17mm F2.8) \35,420
■ズームレンズ
(M.ZUIKO DIGITAL ED 14-42mm F3.5-5.6) \25,667
040_s.jpg K0000041123.jpg K0000041124.jpg
■ツインレンズキット \112,383 ■レンズキット \81,144 ■パンケーキセット ¥87,340
51xHPYDKNJA280_.jpg 51BunYMTA280_.jpg 51s2Yp8ICAA280_.jpg
現在(2009/9/30)こんな価格帯になっている。
それで、今私が狙っているのが、ツインレンズキット\112,383 or レンズキット\81,144。え?レンズキット¥81,000!?と思った方がいるだろう。ボディだけでも¥80,000するのにこのお値段。しかし、これにパンケーキレンズを別に買うと、数千円高くつく。
 私としては、マウントアダプタを使って、他のレンズをつけるつもりでいるので、パンケーキは別にいらないのかもしれない。さらに、どうしてもほしい場合はYahooオークションで¥20,000~¥30,000で取引されている。それを考えてもいいかなと思っている。ここは、本人がどんな使い方をするかによってちがうだろう。パンケーキについてのレビューもまちまちで、気に入らない人もいれば、ほめている人もいるなんともいえない。
 レンズの価格変化を軽く調べてみたが、フォーサーズ規格のレンズはほとんど値下がりは起こしていない。それを踏まえると、PENのマイクロフォーサーズ規格のレンズもそんなに値下がりすることはないだろう。そう考えると、ツインレンズキットを買っといたほうがお得な気もする。気に入らなかったら、Yahooオクに流すとか手はある。
 そう考えているうちに、PEN第二弾が発売された後のことを想像してみた。当然のことながら、今のPENの本体価格は値下がりするだろう。(第二弾が不評だったら、値上がりするかも?また、値下がり期待の人がいっせいに買いに来てなかなか価格が下がらないとか。。。^^)んま、とりあえず、ここでは、値下がりすると仮定する。
 まず、ボディーが値下がりしたとしても、最大でも半額の40,000円と言ったとこではなだろうか?この価格を切ると、コンパクトカメラと変わらなくなるので、それだけはやめてほしい。また、レンズにおいては、今のところオリンパスのマイクロフォーサーズ規格のレンズは2つだけ、他にパナソニックがいくつかだしている。(みなさんが量販店でもらった、黒のレンズのカタログがマイクロフォーサーズ規格のレンズたちです。)まだまだ、専用レンズが少ない状況なので、レンズそれほど値下がりはしないだろう。と言うことで、ここでは、PEN第2弾がでても、レンズは値下がりしないと仮定する。
 さて、2009年7月3日に現在のPENは発売された。そこで、第二弾は来年の夏ごろ、2010年8月3日に発売としよう。今日は2009年7月30日、第二弾まで10ヶ月ある。第二弾が発売されるとボディー価格が¥40,000値下がりする。つまり、¥4,000/月でボディーの価値が下がる。逆に考えると、今PENを持つには、¥4,000節約できればいいのだ。¥4,000/月がPENを持つ喜びより大きいと、PENを今買うと第二弾が発売された後で後悔することになる。¥4,000/月節約できるか、余分に貯金でき、PENを持つ喜びのほうが節約の苦労より大きい場合は、第二弾が出て、それが欲しくなったとしても、節約した¥40,000と現在のPENを売ったお金を足せば、第二弾のPENを手にすることもできる。もちろん、フォーサーズ規格なので、レンズは売却する必要はなく、第二弾にも流用できることは間違いないだろう。

 さて、ながながと、語ってしまったが、要するに、今ペンを買っても、月4,000円節約できれば、PENの第二段がでて、それがすごく気に入った場合、今のPENから乗り換えられるということだ。そう考えると、足かせがちょっと外れた気がしませんか?    
 
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
 / Template by パソコン 初心者ガイド Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...