FC2ブログ
ホームへ戻る
HPへ
You Tube
My Pictures

放浪のトマトさん2010年05月02日

 こちらが、最近ご紹介している、“チルトシフトレンズ”です。
やっぱり、既製品が一番使いやすのでしょうが、なんせ高い。中古で4万~7万するんですよぉ。買う人がいるかは別ですけど。
 35mmってことは、PENにつけると、70mm。。。
これじゃちょっと、望遠すぎて撮影しにくい。
このレンズを使ってミニチュア写真を撮りたいトマトさんとしては25mm位のレンズにしたいところ。
4513489177_ba6942612e_o_20100502202353.jpg
nonono14389-img600x450-1269681442jc85i043301_20100502202433.jpg  こちらが、ヤフオクで見かけた、Canon FDレンズのチルトシフトレンズ。
トマトさんはCanon FD用のマイクロフォーサーズアダプタを持ってるので、FDレンズとの相性はばっちり♪
 ですが、7万円は高いですよ。1万5000円なら買おうかなぁ。
 でも、そのまえに、自作している方がいるんです!
 そこで、トマトさんも、“チルトシフトレンズ”の自作プロジェクトを計画中。
nonono14389-img600x450-1269681442loifsx43301.jpg nonono14389-img600x450-1269681442v3aftd43301.jpg

 ブログをいろいろ巡っていますと、なかなか完成度の高いのを見つけまして、参考写真がなかったので、見た目だけですが、この線でいこうかなと考えております。↓↓
http://papablog2.ice-tomato.com/article/136430304.html
small.jpg szzxmall

海外製品の中には左の写真のようなのもあるようです。右の写真はちょいとイメージを膨らませるために。
ImgProducts.jpg b0057679_8343890.jpg

 やっぱ、一番難しいのはマウントの部分ですよね。
金属加工ができれば簡単なのでしょうが、なかなかそう簡単にはできません。
かといって、マイクロフォーサーズアダプタは6000円位するし。。。
右のように、木を用いた製作が現実的なのでしょうかねぇ。
imgp5376.jpg
imgp5423.jpg  このアイディアイディアいいですよね。これならトマトさんもできそうですなぁ。蛇腹の作り方はどっかのブログに載っていたので作るときにGoogleろう。
 http://satox.sakura.ne.jp/blog/?p=2405
imgp5421.jpg imgp5424.jpg

front.jpg  そして、最後はこれ。
結局ポイントは、
①マウントにどうやってレンズを固定するか
②レンズをどうやって動かすか
この2点ですね。

http://www.ksmt.com/dcm-bellows/dcm-bellows.htm
side.jpg bel.jpg
スポンサーサイト



 
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...


こんな画像を撮りたいなぁと最近思っておりまして。
でも、何を撮るかは決まってないのですが。。
そこそこの一眼レフには、オプションのインターバル撮影を可能にするリモコンをカメラにつければこんな写真を撮ることができるのですが、PENにはまだこの手のオプションがございません。

そこで、面白いものを見つけました。
G1.jpg
↑↑これです。
その名も“ガーデンウォッチカム”庭に咲く花を定点観測する目的で作られているため、『防水』『電池駆動』


↑こちらも参考動画

http://www.bicom-j.com/product/brinno.htm


ついでに、“バードウォッチカム”なるものも見つけました。
B1.jpg

撮影者がいなくても鳥の動きをカメラが感知し、自動的に連続写真を撮影できるカメラだそうです。
こちらはちょっと高めの24000円



安全なとこに設置しないと、カメラだけ持ってかれそうですね。

 
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
12flowe.jpg
緑と黄色のコントラストがきれいですよね。
ここの植物の配置を考えた人はなかなか素晴らしいですねぇ。
あの黄色の木は何でしょうかねぇ。
葉が黄色でちょっと湿ったような葉でした。花も付いてたかな。

16flowe.jpg
そしてタンポポ。
これは、結構地面すれすれに咲いてましたねぇ。
ハトに投げたら、寄ってきますよぉ。
ふと思ったのですが、これって、今や珍しい在来種のたんぽぽじゃないですかね?
ウィキペディア(タンポポ)
を参考いたしますと、『茎を大きく伸ばさない為かえって都市部で在来種が見られる場合もままある。』
西洋タンポポは茎が長くて、初春から初夏にかけての寒暖差が激しい条件下では生育できない場合も多いらしいです。
一方、在来のタンポポは、大丈夫みたいですね。

P4301758.jpg
犬もお散歩しております。
犬やハトを見ていて、彼らは人間との共生をうまくやってるなぁ。思ってしまいましたねぇ。
今や、人の子より犬の方が多い時代でございまして。
結果からですが、犬は人間との共生でうまく繁栄しておりますね。(笑)

ハトも近くの草を投げるだけで近寄ってきますから、人間から餌をもらえると相当学習してますね。
そして、近寄っても全然逃げない、飛ばない。
そのうち都会のハトは飛べなくなったりして。

17flowe.jpg
定番のパンジーです。

18flowe.jpg
青パンジー

P3151006.jpg
チンパンジー

P4301746.jpg
なんか時間がゆったり流れていいですね。
(おじいちゃんがこっちを向きそうで急いで撮りました。)

■使用機材■
Olympus PEN E P-1
CANON ZOOM LENZ FD 35-105mm F3.5 (望遠)

Canon EXTENSION TUBE FD 25 (マクロ撮影)
 
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
 / Template by パソコン 初心者ガイド Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...