FC2ブログ
ホームへ戻る
HPへ
You Tube
My Pictures

“ fucking ・・・ ” とは

2019/081234567891011121314151617181920212223242526272829302019/10

http://oshiete1.goo.ne.jp/qa2609798.html




英語で、“ fucking ・・・ ” というのは、日本語では、“ 超 ~ ” と同じ意味と思って良いのですか。

“ Oh, fucking hot! ”と言うのは、「 超暑い!」というのと同じ意味と思って間違いないでしょうか。




「超暑い」というよりは「くそ暑い」の方が近いと思います。
アメリカのテレビでは、fucking... のところには、ピー という音が
入りますので、下品な言葉という認識が一般的だと思います。





アメリカに38年住んでいる者です。 私なりに書かせてくださいね。

これは、これを気兼ねなく言う人とそうとらない人とにぎゃぷがおお過ぎる表現だと覚えておいてください。

確かに、気兼ねなくいうひとにとっては「趙暑い」と言うフィーリングで言っているのです。 ですから顔の表情を見ても、別に口汚いという感じを受けない時が多いわけです。

しかし、この表現を「口汚い表現」だと思っている人、一般人と言って良いと思いますが、は言った人よりもっともっと汚い表現ととるでしょう。

>“ Oh, fucking hot! ”と言うのは、「 超暑い!」というのと同じ意味と思って間違いないでしょうか。

というご質問への回答としては、「趙暑い!というのと同じ意味でこの人は使っているんだと思って間違いないわけです。 しかし、そう理解しておいて後は自分は使わないぞ、と思えば良いということになるのです。

こういう表現は、使ってはいけない、ということではなく、外国人が(ま、アメリカ人もですが)使いこなせるだけの一般英語力を持ち、TPOにぴったりの状況で使えるようになることはそれすなわち表現力を広げたということであり、もし(もしもですよ)英語で小説を書く機会がある時にこの表現を「小説の中で使いこなせる」英語力を持っている、と言う事でもあるわけです。 この表現の裏表を十分知らない限り、言い換えるとこの表現を「気軽に使っている人」であっても、自分の小説にこの表現は使えるだけの英語力を持っているとは限らない、と言う事なのです。

これでいかがでしょうか。 分かりにくい点がありましたら、補足質問してください。 




確かに意味的には「超」と同じです。ただ、もっと下品です。「超」は普通の女の子でも全然使いますからね。女性はfuckingは使わない方が良いでしょう。

ちなみにイギリス英語圏では「bloody」という言葉があり、fuckingほど下品じゃないけどveryよりも強調できるので便利です。「It's bloody hot, isn't it?」なんて言ったらとってもイギリス風です。


 
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
この記事へのコメント
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
http://deluxfx.blog36.fc2.com/tb.php/620-e215bd59
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
 / Template by パソコン 初心者ガイド Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...